REPORT

KYECUSプロジェクトは
いろんな形で進行しています

  1. HOME
  2. タイニーハウス
  3. 9月16日「山の神」の日

9月16日「山の神」の日

私たちは、日頃から気持ちが良い山という場所で
仕事をさせていただいているということに
「感謝」して、その想いを「守る」
という誓いをたてるため、
毎年、1月、5月、9月の16日は
仲間たちと山の神様に祈ります。

先日の9月16日の山の日は、
熊本県立矢部高校林業科学科2年生の
生徒の皆さんと一緒にお祈りしました。

お祈りの場所は、吉無田水源にある、山神社。
吉無田水源は、「くまもと名水百選」に選定されている湧水地。面積3万50haを誇る吉無田の森林が含む伏流水と、地下水脈の水が一緒となり湧水となっています。水量も豊富で、地元の暮らしを支えています。
水源周辺の木陰は、清涼な空気が流れ、気持ちが静かに落ち着きます。

山の神の日は、山仕事はお休みして、
山への日頃の感謝と今後の安全への願いを込めて
神主さんにご祈祷して頂きます。
自然の脅威を目の当たりにすることもある山の仕事。
この日は林業を営む人間にとってとても大切な日です。
今年は、未来の林業を担う若者と一緒に参拝できて光栄でした。

その後は、地域林業実践体験研修の一環で、
御船町にある鼎春園(ていしゅんえん)に場所を移動。
特殊伐採の時に使用している、
装具を使ってツリークライミングの研修です。

園内の雄大な樹形のクスノキを前に、
生徒の皆さんもツリークライミングにトライ。
最初は苦戦する様子も見られましたが、
慣れてくると『気持ちよかった!』『楽しかった!』と
木の上の景色を楽しんで頂けたようです。
学生さんたちには様々な機会から、
まずは林業の楽しさを知ってもらうことも大切。
スタッフのモチベーションも上がる楽しい一日となりました。
熊本県立矢部高校林業科学科2年生の皆さん
どうもありがとうございました!

関連記事