REPORT

KYECUSプロジェクトは
いろんな形で進行しています

  1. HOME
  2. タイニーハウス
  3. 諸塚村の魅力を体感!

諸塚村の魅力を体感!

先日、山師の信子さんとわたくし(事務局K)で
宮崎県の北部にある村、諸塚村へ。
諸塚村には、スギやヒノキなどの針葉樹、
クヌギなどの広葉樹の木々が育ち、
パッチワーク模様の森で有名だそう。

自治体としては日本で初めて
持続可能な形で適切に管理された森林から
生産された木材などに与えられるFSC認証を取得した村として名高い。
諸塚村として2004年に村の森林、
木材加工センターがそれぞれ認証を取得、
FSC®認証マークをつけた各種木材製品を取り扱っています。
隈研吾さんのデザインの素敵な積み木も人気だとか。

ある意味、理想の林業のカタチを実践している村に
KEYCUSチームは学びを求めて
山道を突き進むことおよそ3時間。
キャンプ場で待っていてくれたのは、
笑顔が素敵なイケメン(笑)の皆さん。
村在住のデザイナーさん、林業者さん、
観光協会のみなさんや村の企画課長さんは
「森居間(もりいま)会議」のメンバー。
聞くとこの日はキャンプ場を盛り上げるための
作戦会議の日だとか。

皆さんとは、木材の商品開発のお話、
村の自然を生かした楽しみ方や
いまどきのキャンプギアの話などなど、
森や木のことを楽しみながら発信していきたいという
キモチは同じもの同士、すぐに打ち解けて
楽しいひとときを過ごすことができました。

林業を生業とする自治体の先駆者として
確かな礎を感じさせるお話を聞いたり、
現状の意見交換など、とても貴重な時間となりました。
今回のきっかけを頂いた
村の企画課長のYさんに大感謝です!

諸塚村の魅力は、美しい山や森はもちろんのこと
ヒトの魅力でもあるんだなぁと実感。
いつか諸塚村の皆さんとKEYCUSも何かできたらいいなぁと
ふたりで夢を膨らませながら帰りました。

諸塚村の「もりいま」の皆さん、
ありがとうございました〜!!!

関連記事